便利なビジネス英語:要約した内容を伝えるためのフレーズ集

ビジネスシーンにて要約した内容を関係者に伝える場合、どういう英語表現が使えそうでしょうか?今回は読み物を要約してどこがポイントだったかを関係者に伝える表現をご紹介します。

ぜひこの機会に覚えていただき、日常業務でも使ってみてください。紹介するフレーズは、オンライン英会話 レアジョブで受講したレッスンを活かして作成しています。


要約を伝えるシーンとは?具体的にイメージしてみる

ビジネスで要約を伝えるシーンにはどういうものがありそうでしょうか?

例えば、社内で業界動向のレポートが展開された際、どういう内容だったかを同僚にメールで伝えたりするときに要約をしそうですね。

また、新技術やマーケティングの最新導入事例が記事になっていて、それを要約して共有したい時などにも使えそうです。みなさんの仕事でもぜひイメージしていただき、今回の内容を活かしてみてください。

それでは具体的な内容に入っていきます。

要約する際に便利なビジネス英語表現

ビジネス文書や記事の要約を伝える際のコツは、

  • どういうテーマの記事なのか
  • その記事で著者が伝えている要点は何か?
  • 簡単にまとめるとどういうことを伝えている記事なのか

ということを伝えることだと思います。実際に英語にするとこういう感じになります。

どういうテーマの記事なのか

The article focuses on…(…について重点を置く)

The article focuses on how much important for the team to share vision to start a project.

(この記事では、チームにとってプロジェクトを始める際にそのビジョンを共有することがどれぐらい大事か、ということにを中心に述べています)

ポイントとしては最初にのべるこの部分が主題になるので、記事の概要を簡潔に伝えることが重要になります。

その記事で著者が伝えたい要点は何か

According to the author(著者によると)

According to the author, there are three points on how to share a vision in the team.

(著者によると、チーム内でビジョンを共有する方法には3つのポイントがあるそうです)

ここでは記事の内容をまとめたもの、つまりコンテンツにあたるものを述べています。

簡単にまとめるとどういうことを言っている記事なのか

In a nutshell (一言で言えば)

In a nutshell, the article suggests that sharing a vision build a tight bond in the team, and that will lead a project success.

(一言で言えば、ビジョンを共有することはチーム内の絆を生み、そのことによってプロジェクトを成功に導くことができるそうです)

そして最後に簡潔にまとめるためにこの表現を使っています。

In a nutshell という表現はあまり聞いたことがないかもしれませんが、「一言でいうと」「簡単にいうと」という表現になります。Simply speaking などと近い表現になります。ぜひこの機会に覚えておきましょう。

要約に役立つ表現の展開例

今回の便利表現を使って他の言い回し例も紹介したいと思います。

The article focuses on how much important for the team to share vision to start a project. According to the author, there are three points on how to share a vision in the team. In a nutshell, the article suggests that sharing a vision build a tight bond in the team, and that will lead a project success.

(この記事では、チームにとってプロジェクトを始める際にそのビジョンを共有することがどれぐらい大事か、ということにを中心に述べています。著者によると、チーム内でビジョンを共有する方法には3つのポイントがあるそうです。一言で言えば、ビジョンを共有することはチーム内の絆を生み、そのことによってプロジェクトを成功に導くことができるそうです)

focus on は「集中する」「重視する」という意味もあるので、他にもこんな言い回しができます。

I was focusing too much on preparation for the presentation coming up next week.

(私は来週行うプレゼンテーションの準備に集中しすぎていた)

According to というのは「人から聞いた情報によると」という意味合いで使います。他にもこんな表現ができそうです。

According to my boss, release date of the new feature that we are working on right now will be postponed. Management team had a meeting and they made that decision.

(私の上司によると、我々が現在開発中の新機能のリリース日が延期になるそうだ。マネージャー陣が会議で決断したとのことだ)

In a nutshellは「一言でいうと」という慣用句になります。例えばこんな使い方ができそうです。

In a nutshell, our company will start a new business by making use of the technology that we have been focusing on.

(一言でいうと、近い将来我が社はこれまで重点を置いてきた技術を活用し、新規ビジネスに参入する)

まとめ

いかがでしたか?今回ご紹介した表現はどちらかというとメールなどの文章で使ってみて慣れていくのが良さそうですね。要点を手短に伝えるための便利表現として、ぜひ活用してみてください。