Shake Shackのコロナウイルス影響から学ぶビジネス英語

アメリカのハンバーガーチェーンが自社の補助金を国に返還し、小規模事業者に使ってもらうようにしたというニュースがありました。心温まるニュースだったので今回はこれをテーマにビジネス英語を学びました。

レアジョブ Daily News Article の記事解説

元記事「Shake Shack Returns Emergency Loan from Government

私が受けたレアジョブ英会話レッスンの様子はこちらから聞くことができますので、よかったら参考にしてみてください^^

MariaMaria

American burger chain Shake Shack has decided to give back the emergency loan granted by the US government after learning that the fund had run out, and many small businesses had not received any aid.

アメリカのバーガーチェーン Shake Shackは、政府の資金不足によって多くの小規模事業者が支援金受け取りができなかったことを知って、アメリカ政府から許可を受けた緊急事態ローンを返還することを決定しました。

Shake Shack was given a $10 million loan under the Paycheck Protection Program (PPP), which is meant to keep small businesses afloat and help them pay their employees during the COVID-19 crisis.

Shake Shack給与支払い救済プログラムのもとで1000万ドルを支給されました。これにより小規模起業者の事業継続を維持することや、コロナウイルス危機の間に従業員への給与支払いを支援することを目指しました。

However, the company decided to return the loan and find other ways to raise money for its business.

しかしながら、Shake Shackはこの支援金を返金し、資金調達を別の方法で行いました。

In a LinkedIn post, the chain said that it had found a way to get additional capital. Shake Shack is aiming to raise around $75 million by selling some of its shares to investors.

LinkedInの投稿の中で、Shake Shackは追加資本を得る方法を見つけたといいました。Shake Shackは自社株を投資家に売ることによって7500万ドルを調達することを目指しています。

Shake Shackのコロナウイルス影響から学ぶ便利なビジネス英語

give back : 返還するという意味になります。

granted : 許可するという意味です。

run out : 使い果たす、なくなるという意味で、定型表現になります。

is meant to : 〜することを目指すという意味です。こちらも定型表現です。

However : しかしながらという意味です。色々なシーンで使える表現で、知っとくと便利ですよ。

additional capital :additional(追加の) capital(資金、資本)という意味です。ビジネス頻出単語です。

aiming to : 〜を目的とする、目指すという意味です。

shares : 株のことです。ビジネス頻出単語です。

investors : 投資家のことです。ビジネス頻出単語です。

まとめ

成長するフードチェーンでも人間の心を持つ経営者がいたのかと感心する記事でした。実際のニュースから英語を学ぶことでスキルとしての英語だけでなく世の中を知るための英語を学べるのですごくいいなと思います。

ぜひ今日紹介した表現も使ってみてくださいね。