メンタルヘルスへの取り組みから学ぶビジネス英語フレーズ

コロナウイルスは学生のメンタルヘルスにも影響を及ぼしているようですね。学生のメンタルヘルス対策に専用アプリを使って取り組んでいる大学のニュースを、レアジョブの教材で見つけたので、それを使ってレッスンを受けてみました。その中から便利表現を紹介していきます。

レアジョブ Daily News Article の記事解説

元記事「UK Schools Use Apps to Address Students’ Mental Health Problems

私が受けたレアジョブ英会話レッスンの様子はこちらから聞くことができますので、よかったらどうぞ^^

MariaMaria

Some universities in the United Kingdom have turned to mental health apps to address students’ mental health issues.

イギリスのいくつかの大学は学生のメンタルヘルスの問題を解決するため、アプリの開発に取り掛かりました。

According to a recent study, around 20% of nearly 40,000 UK students suffer from mental health problems.

最近の研究によると、イギリスの4万人の学生のうち20%ほどがメンタルヘするの問題に問題に苦しんでいるといわれています。

Most of these students were diagnosed with depression and anxiety disorders.

それら学生の多くはうつ病は不安障害と診断されました。

Some universities are looking into increasing the number of counselors on campus, but insufficient funding hinders them from doing so.

いくつかの大学は、キャンパスで勤務するカウンセラーの数を増やすことを検討していますが資金不足がその妨げになっています。

This has prompted some universities to rely on mental health apps. One of these institutions is Queen’s University, which offers a counseling app.

これが大学がメンタルヘルス専用のアプリに依存することにつながっています。利用する大学の一つがQueen’s大学で、カウンセリングアプリを提供しています。

The app gives users access to 24/7 counseling sessions with consultants and life coaches.

アプリはユーザーにコンサルタントやライフコーチが対応する24時間のカウンセリングセッションの機会を提供しています。

メンタルヘルスへの取り組みから学ぶ便利なビジネス英語フレーズ

turned to : 取り組むという意味になります。

according to : 〜によると、という定型表現です。あらゆるシーンで使える便利な表現ですね。According to my friend(友達によると)、According to a press release(プレスリリースによると)、という感じでいろいろな対象に使えます。

study : 文脈から、ここでは勉強ではなく研究になります。studyには研究という意味もあることは抑えましょう。

suffer from : 〜で苦しむ、〜を患うという定型表現です。I’m suffering from flu.(私はインフルエンザを患っている)という感じで使えます。

were diagnosed with : 〜と診断されるという意味です。こちらも定型表現になりますのでぜひ覚えましう。

looking into :調査する、検討するという意味になります。上の例では文脈の関係で検討する、となります。

insufficient : 不足して、不十分なという意味です。

rely on : 依存するという定型表現です。He is relying on me.(彼は私に依存している)という感じで人に対しても使えますよ。

gives users access : give A + BでAにBを与えるという意味になります。ここではユーザーにアクセスを与えるとなりますが。意訳してユーザーに機会を提供する、としています。

まとめ

いかがでしたか?今回紹介した表現には汎用的なものが多かったので、シーンを問わず使うことができます。according to、suffer from、diagnosed with、look into、rely onなどがそれに当たりますので、ぜひ試してみてくださいね。

それではまた!