新規事業投資に関するビジネス英語フレーズ

レアジョブ英会話の「Daily News Article」でスマホの電波に関する新しいビジネスが記事になっていました。

これまで電波塔から発信されていたスマホの電波を、宇宙の衛星を使ってスマホに直接電波を届けるというものです。

この記事を使ったレッスンから新規事業投資に関するビジネス英語フレーズを学びましたので、今日はそれらを紹介します。

レアジョブ Daily News Article の記事解説

元記事「Telecom Company Invests in Satellite Firm for Space Internet Project

SteveSteve

UK-based mobile service provider Vodafone has backed a satellite project that will connect mobile devices to a broadband internet network from space.

イギリスを拠点とする携帯サービス事業者のVodafoneは、宇宙からブロードバンドインターネットを携帯デバイスに繋ぐ衛星プロジェクトを支援しました。

Vodafone has invested
$25 million in satellite manufacturer
Avellan Space Technology (AST) & Science’s project called SpaceMobile—a low-earth-orbit (LEO) satellite network that can directly connect to mobile devices.

Vodafoneは、衛星製造業者 Avellan Space Technology (AST) & Science社のSpacMobileという、携帯デバイスに直接電波をつなぐことができる地球低軌道衛星ネットワークプロジェクトに2500万ドル投資しました。

AST & Science was able to raise a total amount of $128 million, which includes financial support from other companies and the satellite manufacturer’s founder and CEO Abel Avellan.

AST & Science社は合計で1億2800万ドルの投資を得ることができ、その中には他の企業や衛星製造企業の創業者であり、CEOのAbel Avellanからの金融支援が含まれました。

The chief technology officer of Vodafone explained that the network of satellites will be launched in a couple of years. He added that the company will initially provide 4G service and offer 5G later on.

Vodafoneの最高技術責任者は衛星ネットワークは数年以内にサービス開始される予定であると説明しました。また彼は自社としてはこの技術を使って当初は4Gネットワークを提供し、その後5Gネットワークを提供する、と付け加えました。

新規事業投資に関するビジネス英語フレーズ(レアジョブ ディスカッションより)

backed : backは一般的に後ろに、とか背中という意味がありますが、ここでは動詞で「支援する」という意味で使われています。知ってたら便利な表現だと思います!

invested $25 million in satellite manufacturer : invest A in BでAにBを投資する、です。investにはinを使うと覚えましょう。

また$1 million(100万ドル)はいくら?と迷った人は,100万ドル = 約1億円と覚えておきましょう。よって今回Vodafoneはは25億円の投資を行ったことになりますね。

raise : 資金を集めるという意味です。fundraising という単語がありますが、これは資金集めの、という意味です。

The chief technology officer : 略してCTOといいますが、最高技術責任者という意味になります。ビジネスでは頻出単語です。

in a couple of years : 数年以内に、という定型表現です。

He added that : addは数字やものを加えるときだけでなく、発言を加える際にも使えるといういい表現例ですね。ぜひ覚えましょう。

initially : 最初は、当初はという意味です。initial cost(初期コスト)という言葉を聞いたことはないでしょうか?それを派生させた表現になります。

provide : 提供するという意味です。ビジネス、日常会話問わず頻出単語になります。

later on : 後ほど、あとでという定型表現です。

最後に

テーマが宇宙に関するものだったので全体的に出てきた単語は難しいものが多かったと思います。ですがその中でも普段のビジネスで活用できるかという観点で便利表現をまとめてみました。

back、investあたりは使えるようになると表現の幅が広がると思うので、ぜひ慣れていってくださいね。

それではまた!