出張プランを説明する時に便利なビジネス英語フレーズ

出張が決まって、あなたは同僚にざっくりとそのプランを聞かれました。さてどんな感じで説明をしますか?いつからどこに行って、どれぐらい滞在するのか。また滞在中にどんなことをする予定なのか。いろんな話をすると思います。

今日はそんなシーンで使えそうなビジネス英語フレーズを学んでいきます。どちらかというとカジュアルな会話で使うことを想定しています。下の会話例から便利なフレーズを紹介します。なお今日紹介するフレーズは、オンライン英会話 レアジョブで受講したレッスンを活かして作成しています。


オフィスでありそうな会話例

MariaMaria

Hey, Steve. Are you finally going on that business trip you’ve been planning?

どうもスティーブさん。あなたが計画していた出張についに行くんですか?


SteveSteve

Yes. The budget was finally approved.

はい、ようやく承認がおりました。


MariaMaria

Awesome! So where are you going?

すごいですね!それで、どこに行くんですか?


SteveSteve

I’m heading to Milano. I’ll probably be gone for a few months.

ミラノに行きます。おそらく数ヶ月行く予定です。


MariaMaria

I see. When is your departure?

そうなんですね。出発はいつですか?


SteveSteve

We’ll still hold a meeting to discuss about it.

それについてはまだ会議で話しているところです。


MariaMaria

I see. What are your plans for this trip?

なるほど。この出張のプランはどんな感じですか?


SteveSteve

I plan to visit our distributor’s office there. I’m also attending a few conferences.

現地で御tリヒ期先の卸業者のオフィスに訪問する予定です。またカンファレンスにも出席予定です。


MariaMaria

Are you meeting anyone in particular?

特定の誰かと会う予定がありますか?


SteveSteve

Yes. I will meet with our new potential partners to discuss about partnership.

はい。パートナー候補と、今後の協業について議論するために会う予定です。


MariaMaria

Wow! I hope you can still enjoy some free time.

すごい!出張中に自由に感も楽しめるといいですね。


SteveSteve

I hope so, too.

私もそう願っています。

出張プランを説明する時に便利なビジネス英語フレーズ

The budget was finally approved : budget(予算)、finally(いよいよ、ようやく)、be approved(承認される)、を組み合わせて「ようやく承認がおりた」となります。どの言葉もビジネスシーンではよく出てきますので、このいい方を覚えましょう。

Awesome! : すごい!というときに使います。同じ意味だとgreat!とかexcellent!という表現をよく聞きますが、国によってよく使う言葉は異なります。Awesome!はアメリカとかオーストラリアでよく使われます。

I’m heading to : 〜へ向かう、という意味です。I’ve just finished working, now I’m heading to your place!(今仕事終わって、これから君の家に向かう!)という使い方もできます。

be gone : ここではしばらく行っている状態を示す表現として使っています。全く違う使い方として人が亡くなったときにも同じいい方をしますので、使い道には気をつけましょう。My grandmother was gone last year.(祖母が昨年亡くなりました)という使い方をします。

departure : 名詞で出発、という意味です。空港の発着サインでもよく見かけると思います。逆に到着はarrivalとなります。出張や旅行の話をする時はよく出てきますので覚えておきましょう。

hold a meeting : ミーティングを開催する、という定型表現です。今回のケースだとまだ会議で協議中なのでhold a meetingとなっています。会議を設定するだけだったらset up a meeting / arrange a meetingといういい方をします。

What are your plans : 「どんなプランを立てていますか?」という定型表現で、今後の計画を聞くときによく使います。便利なので覚えましょう。

anyone in particular : anyone(誰か)particular(特定の)なので、特定の誰か、という意味になります。Do you have anything in particular for dinner tonight?(今夜の夕食で特に食べたいものはありますか?)という使い方もできますよ。

potential partners : potential(潜在的な)partners(パートバー)という意味ですが、文脈から候補、と訳しました。

まとめ

今回も比較的汎用的な表現で会話が構成されていましたが、特に覚えておくべきはbudgetとかapproveとか社内承認の際に出てくる表現かなと思います。

仕事をしているとかならずといっていいほどお金や承認の話になると思いますし、それだけ利用シーンも多いと思います。

ぜひこの機会に覚えて、また明日から機会あれば使ってみてくださいね。